メニュー

🌹🌸⭐NMN抗老化効果とは⭐🌸🌹

【NMNとは】
β−ニコチンアミドモノヌクレオチド(β-nicotinamide mononucleotide: β-NMN)は、体の中の細胞が活動するために欠かせない補酵素ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(Nicotinamide adenine dinucleotide: NAD)の前駆体で、あらゆる生物の細胞の中に存在しています。本来β-NMNは、分子構造の異なる体内で自然に生成される物質ですが、加齢に伴い体内での生産量が減ってしまいます。NMNが減少すると、身体機能や認知機能の老化が進むと考えられています。
NMNを投与または摂取によりNADが増加することで、長寿遺伝子サーチュインが活性化されエネルギーの源であるミトコンドリア量の増加・活性化に繋がります。NMNを体内に取り込むことで、効率的に老化を防ぐことが可能といっても過言ではありません。

 

NADは加齢とともに減少しますが、生体内物質であるNADをそのまま取り入れる事は不可能です。

 

 

   

 

 

そこで注目されているのがNMNです。

 

 

 

 

 

 

 

【NMNの歴史】
2011年、米国ワシントン大学(ミズーリ州、セントルイス)発生生物学部門・医学部門教授の今井眞一郎博士を中心としたチームにより、医療界を大きく発展させるβ-NMNという物質の存在とその驚きの効果が報告されました。現在もβ-NMNについて世界中で研究が続けられており、その研究成果は非常に多くの注目を集めています。

【NMNに関する参考文献】
・経口投与の安全性を確認(広島大学、ミライラボバイオサイエンス株式会社)

『ニコチンアミドモノヌクレオチド(NMN)の長期摂取による影響の評価』

・糖尿病傾向が改善(米国ワシントン大学)

『Nicotinamide mononucleotide increases muscle insulin sensitivity in prediabetic women』

・有酸素運動能力が向上(中国広州体育学院)

『Nicotinamide mononucleotide supplementation enhances aerobic capacity in amateur runners: a randomized, double-blind study』

・睡眠の質が向上(筑波大学、三菱商事ライフサイエンス株式会社)

『Effect of 12-week intake of nicotinamide mononucleotide on sleep quality, fatigue, and physical performance in older Japanese adults: a randomized, double-blind placebo-controlled study』

・筋力が向上、NADが増加(東京大学、富山大学、ほか)

『Chronic nicotinamide mononucleotide supplementation elevates blood nicotinamide dinucleotide levels and alter muscle function in healthy older men』

・点滴投与の安全性を確認(株式会社StateArt、兵庫医科大学、ほか)

『Intravenous uptake of NMN is safely metabolize and increases NAD+ levels in healthy subjects』

・実施中(東京銀座ウェルネス&エイジングクリニック)

『健常人へのニコチンアミドモノヌクレオチドの点滴投与における影響の評価』

・実施中(東京大学、ミライラボバイオサイエンス株式会社)

『高齢者に対する高用量ニコチンアミドモノヌクレオチド(NMN)の加齢に与える影響に関する無作為化プラセボ対照二重盲検並行群間比較試験』

 

 

詳細は当院専門医までご相談くださいませ。

対面診療(自由診療)ご予約はこちらからお願いいたします。

ご自宅でらくらくオンライン診療(自由診療)でご相談希望の方はこちらからご予約お願い申し上げます。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME